二階の窓から

「二階の窓から」へようこそ。 はじめてご訪問の方は、「自己紹介」をご一読ください。

コンテンツ

古典ノート
 日本・中国の古典に触れてみよう
地理ノート
 地理B センター試験レベルの知識が付くよ
本とアニメ
 読書・アニメ鑑賞録
コラム
 雑学
論評
 ゲーム、電気機器のレビュー

最近の更新

論評
(2016.11.26)

電子ピアノを選ぶ
約20年弾いてきたヤマハの電子ピアノ(CLP-123)が遂に壊れた。電子ピアノはどのぐらい進化したんだろうか? −−どうやってピアノを選んだのか、実際の体験記。

古典ノート
(2016.3.20)

『方丈記』 安元の大火
予、ものの心を知れりしより、四十あまりの春秋を送れるあひだに、世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ…

古典ノート
(2016.3.19)

『方丈記』 行く河の流れは絶えずして
行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし…

古典ノート
(2016.3.17)

『十訓抄』 大江山いく野の道
和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合はせありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて詠みけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍、局にありけるに…

古典ノート
(2016.3.14)

『宇治拾遺物語』 検非違使忠明のこと
これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりけるとき、清水の橋のもとにて京童部どもと、いさかひをしけり…

古典ノート
(2016.3.9)

『源氏物語』 光源氏の誕生
いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひける中に、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれてときめきたまふありけり…

論評
(2016.1.23)

脱スマホという選択 (前編)なぜスマホをやめるべきなのか
「スマートフォン、本当に、どうしても必要ですか?」 この問いにあなたはどう答えるだろうか。「う〜ん…」と悩んだら、読んで欲しい。電車に乗って乗客を見渡すと、みんなスマホをいじっている。何をしているのかと覗いてみれば、大抵がゲームかラインか、ツイッターか、インスタグラムか……。それって、必要?

論評
(2016.1.16)

日立 掃除機 CV-SA300
掃除機選びの段階から、レビューしていきます。あまりにも掃除機がいっぱいありすぎて選ぶのが大変ですよね。 とりあえず、各メーカーの比較をして、表にまとめてみるところから始めてみました。

本とアニメ
(2016.1.9)

森見登美彦/『太陽の塔』
森見登美彦氏のデビュー作。「森見氏の作品で、舞台はクリスマスの京都」と聞けば、氏の作品を知る人であればイヤな予感しかしないだろう…

古典ノート
(2015.9.26)

古詩/行行重行行
行き行き重ねて行き行く 君と生きながら別離す 相去ること万余里 各天の一涯に在り 道路阻しく且つ長し 会面安くんぞ知るべけんや…

古典ノート
(2015.9.19)

『伊勢物語』より 東下り
むかし、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり…

古典ノート
(2015.9.13)

『蜻蛉日記』より うつろひたる菊
さて九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを手まさぐりにあけて見れば、人のもとにやらむとしける文あり。あさましさに、見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく…